はじめに

知能情報システム学科では、『情報科学及び情報工学の学問領域における専門知識・能力及び広い視野を持ち,知識基盤社会を担う人材』 の育成を目指した技術者教育プログラムを設定しており、 本プログラムの修了者は、本学が定めた 学習・教育到達目標 を、学習・教育到達目標に対する評価基準に従って達成したことが保証されます。

2003年度に技術者教育プログラム「知能情報システム専修プログラム」が、日本技術者教育認定機構(JABEE)によって、日本技術者教育認定基準(認定分野:情報および 情報関連分野)に適合していると認められました (認定証)。 その後、2008年度に「知能情報システム学科 日本技術者教育認定機構プログラム」と名称を変更して、継続審査において再認定され、 さらに2014年度に継続認定されております。

これに伴い、本プログラムが上記の教育を実施していることが第三者機関によって 保証されています。 JABEEは2005年6月にエンジニア教育認定団体の国際的協定である ワシントン・アコードへの正式加盟を認められており、 2008年度には、情報専門系プログラム認定の国際的協定である「ソウル協定」に加盟しています。

JABEE認定プログラムの修了生は、加盟国の同一分野の認定プログラム修了生と 同等の技術者教育を受けたことが認められます。

また、JABEE認定プログラムの修了は技術士(情報工学部門)の第一次試験 の合格と同等であることが官報 において文部科学省より告示されています。

参考資料


問合せ先:掛下哲郎(学科JABEE委員)


注意: 本ページに掲示している資料の多くはPDFファイルです。
Adobe Readerなどを利用して閲覧してください。